fbpx

KLab—急落、新株予約権発行による希薄化などを嫌気

マネーボイス 必読の記事



KLab<3656>は急落。第三者割当による新株予約権の発行を発表。発行する新株予約権数は93000個、潜在株式数は930万株となる。割当予定先はモルガン・スタンレーMUFG証券で、当初行使価額は551円。潜在的な希薄化率は24.07%となり、売り材料視される展開になっている。また、「ラピスリライツ ~この世界のアイドルは魔法が使える~」について、ソフトウエア資産における減損損失4.1億円を計上するとも発表している。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー