fbpx

米国株見通し:弱含みか、強い雇用統計で大幅利上げ観測再燃

マネーボイス 必読の記事



(13時50分現在)

S&P500先物      4,140.70(-4.5)
ナスダック100先物  13,206.00(-1.7)


米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅安、NYダウ先物は20ドル安。原油相場は下げ渋り、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。


5日の主要3指数はまちまち。ナスダックとS&Pは序盤からマイナス圏で推移したが、ダウは前日終値付近でもみ合った後、76ドル高の32803ドルで取引を終えた。注目の雇用統計は弱めの予想に反し、大幅改善を示した。それを受けリセッション懸念は後退。半面、連邦準備制度理事会(FRB)による大幅利上げ観測が再燃し、長期金利の急激な上昇で株売りが強まった。特に、ハイテク関連が売られ、相場の下押し要因となった。


本日は弱含みか。特に重要イベントは予定されておらず、材料難のため積極的には動きづらいだろう。ただ、5日の雇用統計が改めて材料視され、9月の連邦公開市場委員会(FOMC)に向け大幅利上げへの思惑から売り先行となりそうだ。金利先高観からハイテクを中心に売られ、相場の下げを主導する見通し。一方で、リセッション懸念は和らぎつつあるため、売り一巡後は決算発表で好業績を示した銘柄が買われ、相場を支えるとみる。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー