fbpx

オプティム—「OPTiM Contract」キンコーズ・ジャパンより販売開始

マネーボイス 必読の記事



オプティム<3694>は8日、「OPTiM Contract」をキンコーズ・ジャパン(キンコーズ)より販売すると発表。

「OPTiM Contract」は顧客の契約書管理に関わる業務工数および漏洩リスクを低減し、電子データ保存と業務効率化を実現するサービス。主な機能としてはAIを活用した管理台帳の自動作成、キーワード入力で探せる柔軟な検索機能、契約終了日・更新日の通知機能。

2022年1月の改正電子帳票保存法施行による電子データ保存要件の緩和、電子取引の拡大に伴い、電子データ保存の対応が急がれている。また昨今のDX推進によるデジタル化や、コンプライアンス強化による文書管理の適正化によって、文書管理サービスのニーズが高まりつつある中、キンコーズより「OPTiM Contract」が販売開始となった。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー