fbpx

アドバンスクリエイト—3Q増収、期末配当金の増配を発表

マネーボイス 必読の記事



アドバンスクリエイト<8798>は12日、2022年9月期第3四半期(21年10月-22年6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比5.2%増の88.23億円、営業利益が同0.2%増の16.18億円、経常利益が同1.0%増の15.50億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同1.7%減の10.07億円となった。

保険代理店事業の売上高は前年同期比1.8%増の70.97億円、営業利益は同12.3%減の10.46億円となった。実面談数が堅調に推移したことなどを背景に増収となった一方、主に固定費の増加により、減益となった。

ASP事業の売上高は前年同期比12.3%増の1.53億円、営業利益は同31.0%増の0.39億円となった。乗合保険代理店等へのACPの新規販売が堅調に推移し、増収増益となった。

メディア事業の売上高は前年同期比53.3%増の13.58億円、営業利益は同64.0%増の3.16億円となった。保険選びサイト「保険市場(ほけんいちば)」への広告出稿が堅調に推移し、増収増益となった。

メディアレップ事業の売上高は前年同期比53.7%増の9.11億円、営業利益は同38.6%増の1.46億円となった。保険選びサイト「保険市場(ほけんいちば)」の運営を通じて蓄積したWebマーケティングのノウハウをベースに、保険専業の広告代理店としてさまざまなサービスの提供に努めた結果、増収増益となった。

再保険事業の売上高は前年同期比9.7%増の7.65億円、営業利益は同25.7%減の0.67億円となった。売上高が堅調に推移した一方、新型コロナウイルス感染症の影響で再保険金の支払いが増加したことから、増収減益となった。

2022年9月期通期の連結業績については、売上高が前期比13.4%増の125.00億円、営業利益が同12.7%増の23.00億円、経常利益が同14.2%増の22.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同11.9%増の14.50億円とする期初計画を据え置いている。

また、2022年9月期の期末配当について、2022年4月23日に上場20周年の節目を迎えたことにあたり、1株当たり15.00円の普通配当に記念配当2.50円を加え、1株当たり17.50円に増配することを発表した。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー