fbpx

ネットプロHD—続急伸、BtoBのGMV成長などを改めて評価

マネーボイス 必読の記事



ネットプロHD<7383>は続急伸。先週末に23年3月期第1四半期決算を発表。営業利益は前年同期比87.0%減の0.58億円となった。新型コロナ収束に伴う対面取引の回復に伴い、EC消費が落ち込み、主力のBtoC事業のGMVが同1.5%減と伸び悩んだ。販管費の増大も重石となった。これを受けて週明けの株価は急落したが、昨日からの急伸で空けたマドを一気に埋めてきている。規模はまだ小さいが、経済活動の再開を背景にBtoB事業のGMVが同31.7%増と大きく伸長。コロナ対策の財政支援策終了による代替ニーズとして債権保証型サービスの需要増が見込まれるとしており、今後、第2の収益源として高成長が続くことが期待され、地合いの改善も手伝う中、内容を見直す動きが広がっている。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー