fbpx

コマツ—大幅反落、国内証券は投資判断引き下げ

マネーボイス 必読の記事



コマツ<6301>は大幅反落。16日付けでみずほ証券は投資判断を「買い」から「中立」へ、目標株価を3750円から3150円へと引き下げている。円安と資源高の恩恵期待やクロスソースに代表される強固な供給体制、着実に取り組む価格政策等が評価され、株価は今年前半、好調に推移した。とりわけ、資源高が鉱山機械需要の喚起に寄与する、つまりはインフレがポジティブだという考え方が株価を押し上げた側面が強いと指摘。一方、22年後半以降を俯瞰すれば、ロシア情勢悪化の長期化、資源高一服等を受け、外部環境の鈍化に備える必要性が増しており、一旦判断を引き下げる事が妥当と判断している。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー