fbpx

豪ドル週間見通し:もみ合いか、利上げ継続予想が下支え

マネーボイス 必読の記事



■軟調推移、豪準備銀行は利上げペース減速示唆

今週の豪ドル・円は弱含み。中国・成都市の都市封鎖(ロックダウン)解除方針を好感して一時株高となり、豪ドル買い・円売りにつながった。しかし、豪準備銀行(中央銀行)の9月理事会議事要旨で利上げペース減速の可能性が示唆され、リスク選好的な豪ドル買いは後退。米国の連続大幅利上げによる株安も嫌気され、豪ドル売り・円買いが活発となった。取引レンジ:93円39銭-96円54銭。

■もみ合いか、利上げ継続予想が下支え

来週の豪ドル・円はもみ合いか。豪準備銀行(中央銀行)は9月理事会議事要旨で、「今後数カ月でさらなる利上げを見込むが、利上げペースを緩める根拠が強まりつつある」との見解を示し、今後の利上げペース減速の可能性は高まったとみられる。ただ、豪準備銀行は10月も0.50ポイントの追加利上げを決めるとの見方が多いようであり、豪ドルの一定の下支えになりそうだ。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・28日:8月小売売上高(7月:前月比+1.3%)

予想レンジ:92円00銭−95円00銭


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー