fbpx

日経平均テクニカル:4日ぶり反発、「陰の陰はらみ」で売り直し警戒

マネーボイス 必読の記事



27日の日経平均は4営業日ぶりに反発した。ローソク足は胴体部分が13.51円の小陰線から上下に短いヒゲを出す「コマ」に似た形状を描き、足元の売り買い拮抗状態を窺わせた。ただ、前日陰線の胴体部分に本日のローソク足が収まる「陰の陰はらみ」でもあり、売り直しリスクへの警戒が必要となろう。昨日安値から本日高値まで上げ幅255.60円は、9月20日高値から昨日安値まで1482.85円安の17%強の値戻しにとどまり、自律反発の域を出ない。一目均衡表では三役逆転の売り手優勢の形状が継続し、25日移動平均線の下降と併せて大勢では下落トレンド延長が警戒される。マイナス乖離率が4.65%(昨日5.47%)に縮小しているため今後のリバウンド圧力は限定的となろう。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー