fbpx

個別銘柄戦略:味の素やヒューリックなどに注目

マネーボイス 必読の記事



29日の米株式市場でダウ平均は458.13ドル安(-1.54%)、ナスダック総合指数は-2.84%、シカゴ日経225先物は大阪日中比165円安の26175円。為替は1ドル=144.40~50円。米ハイテク株安を受けて東エレク<8035>、ソフトバンクG<9984>、リクルートHD<6098>など主力株の下落が予想される。景気後退懸念も強く、三井物産<8031>、三菱マテリアル<5711>、日本製鉄<5401>なども冴えないだろう。一方、味の素<2802>、日清食HD<2897>、武田薬<4502>、NTT<9432>などのディフェンシブ系や、JR東日本<9020>、マツキヨココカラ<3088>、パンパシHD<7532>などのインバウンド関連は堅調が予想される。材料どころでは、決算は冴えなかったが自社株買いを発表したDCMHD<3050>、レーティング格上げが観測されたヒューリック<3003>などが好感されそうだ。一方、業績予想を下方修正した西武HD<9024>、日軽金HD<5703>などは軟調となろう。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー