fbpx

NY株式:NYダ825ドル高、大幅利上げ継続の警戒感が緩和

マネーボイス 必読の記事




米国株式市場は続伸。ダウ平均は825.43ドル高の30316.32ドル、ナスダックは360.97ポイント高の11176.41で取引を終了した。債務健全性への懐疑的見方に株式が売られていた金融のクレディスイス株が持ち直したため市場混乱への警戒感が後退し欧州からの流れを継いだ買いに、寄り付き後、上昇。その後、8月JOLT求人件数が予想を下回り7月から大幅に減少した結果を受け労働市場の需要鈍化を見込み大幅利上げ継続観測が緩和。長期金利が一段と低下すると、さらなる上昇に繋がった。セクター別では銀行、半導体・同製造装置が特に上昇。


短文投稿サイトのツィッター(TWTR)は電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)のマスク最高経営責任者(CEO)が最初に合意した通り当初の提示価格での買収を進める考えを示したため買戻しが加速し、大幅高。テスラは、キャシー・ウッド氏運営のアークファンドが押し目で同社株を購入したことが明らかになり、上昇した。同業のリビアン・オートモーティブ(RIVN)は第3四半期の生産が前四半期に比べ67%増と目標達成が可能であることが明らかになり、上昇。ネット再販のポッシュマーク(posh)は韓国の検索エンジン、ネイバーによる買収で合意したと発表し、大幅高となった。自動車メーカーのフォード(F)は今四半期の売り上げの結果で、同社製電気自動車ピックアップトラックF150の需要の伸びが明らかになり、上昇。オンライン小売のアマゾン(AMZN)は企業の採用凍結を発表したが、アナリストの投資判断引上げで株価は上昇した。


連邦準備制度理事会(FRB)のジェファーソン理事は就任後初の講演で、インフレと闘う強い決意を表明し、タカ派色を維持した。


Horiko Capital Management LLC



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー