fbpx

東京為替:ドル・円は下げ渋り、ドル売り後退で

マネーボイス 必読の記事




5日午前の東京市場でドル・円は下げ渋り。序盤はクロス円に連れ安氏、一時143円50銭台にまで値を下げた。ただ、米金利安を背景とした前日のドル売りは後退し、対円では144円台に持ち直した。また、ドルはユーロや豪ドルなど主要通貨に対し値を上げた。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は143円53銭から144円32銭、ユーロ・円は143円38銭から144円01銭、ユーロ・ドルは0.9960ドルから0.9990ドル。

【金融政策】
・NZ準備銀行:政策金利を0.50ポイント引き上げ(予想通り)

【要人発言】
・NZ準備銀行
「引き続き金融引き締めを行うことが適切と合意」
「依然としてコアCPIは高すぎ、労働資源は不足」


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー