fbpx

前日に動いた銘柄 part1 フォースタートアップス、インソース、エービーシー・マートなど

マネーボイス 必読の記事



銘柄名<コード>4日終値⇒前日比
セカンドサイトアナリティカ<5028> 1635 +140
ファミリーマートの金融サービスでAI活用したデータ分析で協力と報道。

インフォネット<4444> 797 +42
デジタルメディア事業のログミーと販売代理店契約締結。

WACUL<4173> 670 +16
SCSKがデータ分析ツール「AIアナリスト」を導入。

フォースタートアップス<7089> 3150 +236
アクセラレーションプログラム
「HIROSHIMA UNICORN 10 STARTUP ACCELETION」への参加申込受付を開始。

放電精密加工研究所<6469> 570 -23
23年2月期営業損益を赤字に下方修正。

インソース<6200> 3020 +137
7月から9月にかけてコア・ソリューションプランを新たに9本リリースしたと発表。

アークランズ<9842> 1645 +154
シティインデックスイレブンスの大量保有が明らかに。

ジャムコ<7408> 1442 +93
航空会社機体も不足などと伝わっており、航空機関連として関心か。

ネクステージ<3186> 2946 +105
決算発表受けた出尽くし感からの利食い売りも一巡感。

ヤマシンフィルタ<6240> 415 +25
買い戻しが主導して一段高の格好か。

エービーシー・マート<2670> 6460 +230
9月既存店は7カ月連続でのプラス成長に。

ネットプロHD<7383> 416 +27
米アファームの株価急伸が刺激との見方も。

FOOD & LIFE COMPANIES<3563> 2457 +162
マッコーリー証券では目標株価を引き上げ観測。

KeePer技研<6036> 4120 +195
東海東京証券では目標株価を引き上げ。

エスプール<2471> 970 -91
6-8月期は前年同期比営業減益に転じる。

エムアップ<3661> 1642 -49
4日にかけての一段高で戻り売りが優勢。

いよぎんHD<5830> 678 -30
株主優待発表などで4日は買い優勢も。

東洋証券<8614> 252 -10
高値もみ合い下放れで処分売り優勢。

マネーフォワード<3994> 3355 -90
中小型グロース株高の流れも一服で戻り売り。

イオンモール<8905> 1606 -45
6-8月期営業益は増益率鈍化で想定比下振れ。

日本板硝子<5202> 556 -25
4日にかけての大幅高で戻り売り優勢。

平和<6412> 2306 -67
4日にかけての一段高で短期的な過熱警戒感も。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー