fbpx

NY為替:ドル続伸、11月FOMCでの75BP利上げ観測強まる

マネーボイス 必読の記事



7日のニューヨーク外為市場でドル・円は、144円73銭から145円44銭まで上昇し、145円31銭で引けた。米9月雇用統計が米労働市場が依然強い証拠となったため、短期金融市場で11月連邦公開市場委員会(FOMC)での0.75%の利上げがほぼ織り込まれ長期金利上昇に伴いドル買いが強まった。NY連銀のウィリアムズ総裁も労働市場が非常に強く、政策金利をいずれ4.5%付近まで引き上げる必要があると指摘し、23年の成長はプラス圏を維持するとしリセッションを予想していないとしたこともドルを支援した。

ユーロ・ドルは0.9803ドルから0.9726ドルまで下落し、0.9736ドルで引けた。欧米金利差拡大観測に伴うユーロ売りが継続。ユーロ・円は141円20銭まで下落後、142円13銭まで上昇した。ポンド・ドルは1.1213ドルから1.1056ドルまで下落。
ドル・スイスは0.9900フランから0.9954フランまで上昇した。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー