fbpx

欧米為替見通し:ドル・円は伸び悩む展開か、米国休場のため主要通貨の為替取引は動意薄となる見込み

マネーボイス 必読の記事



24日の欧米外為市場では、ドル・円は伸び悩む展開を予想したい。米国は感謝祭の祝日となるため、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続くとみられているが、アジア市場でも米長期金利の低下を意識したドル売りが観測されており、ドル・円は節目の139円を下回った。中期的なサポートラインのひとつである75日移動平均(11月24日時点で142円96銭近辺)を明確に下回っており、今年3月初旬から続いているドル高・円安の基調は失われつつある。

23日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨(11月1−2日開催分)によると、FOMCの参加メンバーの多数が、利上げペース鈍化が間もなく適切になるとの見方に同意していたことが判明しており、12月のFOMC会合では0.5ポイントの利上げにとどまる公算が大きい。インフレ抑制のために2023年も複数回の利上げが行われる見込みだが、市場は米国経済の大幅な減速を想定しており、一部で早期利下げの思惑も浮上している。ただ、2023年における米国経済の軟着陸が保証されているわけではなく、この先の金利・為替見通しについては予断を許さない状況が続くことになりそうだ。

【今日の欧米市場の予定】
・18:00 独・11月IFO企業景況感指数(予想:85.0、10月:84.3)
・21:30 欧州中央銀行(ECB)10月理事会議事要旨
・22:00台 南ア中銀が政策金利発表(0.75ポイント引き上げ予想)
・米国休場(感謝祭)


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー