fbpx

NY外為:ユーロ買い優勢、ラガルドECB総裁はインフレ抑制を公約、引き締め域まで

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場ではユーロ買いが優勢となった。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は
「ECBはインフレを中期目標まで引き下げることを公約する」とし、さらに、
引き締め域まで金利を引き上げる計画だと表明。さらに、「ECBは必要であるだけ利上げする」と述べた。

ユーロ・円は145円01銭まで上昇し日中高値を更新。ユーロ・ポンドは0.8675ポンドまで上昇し23日来の高値を更新した。ユーロ・ドルは一時1.0497ドルまで上昇し6月末以来の高値を更新。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー