fbpx

NY外為:ドル続伸、長期金利上昇で、予想を上回った経済指標やパウエル議長イベント控え

マネーボイス 必読の記事



 NY外為市場で長期金利上昇に伴いドルは続伸した。ドル・円は138円80銭から139円89銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.0400ドルから1.0291ドルまで下落した。ポンド・ドルは1.202ドルから1.1901ドルまで下落し23日来の安値を更新。

パウエルFRB議長の討論会でのタカ派発言を想定し米国債相場は軟調。さらに、朝方発表された米10月卸売在庫速報値や米7-9月期GDP改定値、米10月中古住宅販売成約指数 米10月JOLT求人件数が軒並み予想を上回る結果となったことも売り圧力となった。10年債利回りは3.79%まで上昇。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー