fbpx

前日に動いた銘柄 part2 GMOペイメントゲートウェイ、東エレク、ウェルプレイド・ライゼストなど

マネーボイス 必読の記事



銘柄名<コード>1日終値⇒前日比
JVCケンウッド<6632> 375 +5
高値圏での買い戻しが優勢の展開に。

GMOペイメントゲートウェイ<3769> 12680 +520
野村證券では目標株価を引き上げ。

JSR<4185> 2975 +102
半導体関連株として好地合いに乗る格好へ。

トリケミカル研究所<4369> 2567 +156
第3四半期の堅調な決算内容を評価。

日医工<4541> 130 -75
過熱警戒感強く見切り売りが優勢に。

テモナ<3985> 330 -10
目立った材料ない中での30日に急伸の反動。

いよぎんHD<5830> 689 -40
パウエル講演を受けた米金融引き締めペース鈍化観測で。

八十二銀行<8359> 496 -23
米長期金利低下で銀行株はほぼ全面安。

しずおかFG<5831> 963 -42
地銀株が下落率上位に顔を揃える格好に。

西日本FH<7189> 841 -33
地銀株安の流れに引きずられる。

日本新薬<4516> 7880 -210
週初からの下げきつく処分売り急がれる。

円谷フィHD<2767> 2318 -54
スマスロ関連として人気化してきた反動も。

SOMPO<8630> 5828 -231
米長期金利低下が保険株の売り材料にも。

山口FG<8418> 793 -23
直近で強い動きだった地銀株は一転売り優勢。

ゲオHD<2681> 1888 -73
窓埋め完了から戻り売りも。

住友不動産<8830> 3583 -133
みずほ証券では投資判断を格下げ。

群馬銀行<8334> 437 -14
地銀株安で利食い売りなど集まる。

日本駐車場開発<2353> 239 -7
決算発表接近で見切り売りが優勢か。

東エレク<8035> 46900 +1810
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格上げ。

トヨタ<7203> 1998.5 -12.0
為替市場での円高進行が重しに。

新東<5380> 4080+700
1:2の株式分割実施を引き続き材料視。

まんだらけ<2652> 878 +82
10月売上高の大幅な伸長を好感。

イクヨ<7273> 2300 -280
29日にかけて急騰の反動安が続く。

アミタホールディングス<2195> 1249 -82
12月1日売買分から東証が信用取引に関する臨時措置実施へ。

Finatext<4419> 457 +38
内閣府「地域経済動向(令和4年11月)概況、
分野別の動き」にて同社データが活用。

エヌ・ピー・シー<6255> 577 +80
有価証券報告書の販売実績にテスラで思惑。

サイフューズ<4892> 1814 -
東証グロース市場に上場、公開価格(1620円)を6.2%上回る1720円で初値形成。

ウェルプレイド・ライゼスト<9565> 7200 -
11月30日に上場、上場2日目も前場段階では初値持越し。


いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー