fbpx

個人投資家・有限亭玉介:年末ラリーに期待!強いチャートで注目する銘柄群【FISCOソーシャルレポーター】

マネーボイス 必読の記事



以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

-----------

※2022年11月28日12時に執筆

株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。

12月に入れば、年末ラリーを待ち望んでいる投資家も多いはずです。11月25日の日経平均はついに28500円台に届きました。25日・75日・200日線全てを上回っているうちは強気でいきたいところです。相場全体のムードは改善しているようですねぇ。

過去20年のデータを見ても12月は15回上昇・5回下落という結果であり、各月で最もパフォーマンスが良い月となっています。この結果を見ると、年末ラリーと呼ばれる理由も理解できます。12月のFOMC通過まで油断はできませんが、利上げ縮小の発表で市場が沸く可能性も期待できるかもしれません。

米国はアフターコロナで加熱した経済が、利上げを受けて来年は急速に冷え込むと見られています。そのあたりの影響が年末ラリーに織り込まれるのか気になりますな。米国の景気悪化で日本株がどのように影響を受けるのか、来年の見通しも立てておきたいもんですな。

国内の政治に目を向けると、支持率が低迷している岸田内閣が年明けに解散総選挙へ向かうとの憶測もあります。基本的に選挙は株式市場にとってポジティブではありますので、そうともなれば強気と行きたいところ。今年の乱高下する波乱の相場を乗り切ったご褒美として、何とかボーナスゲットに望みを賭けたいもんですねぇ。

さて、今回はそんな年末ラリーに期待した、強含むチャートの銘柄をチェックして参ります。SMS配信代行サービスを手掛けるアクリート<4395>は、11月11日の好決算で動意しました。直近では下値を切り上げると、高値圏での推移となっています。

医薬品卸を展開するバイタルKSK<3151>は、10月28日の上方修正を機に底値から急動意しました。その後も下値を切り上げると、一気に年初来高値を更新しております。PER・PBRも割安水準である事もチェックしておきたいですな。

半導体関連や医療用アイウェア関連でも思惑があるQDレーザ<6613>は、11月10日の決算は中国ロックダウンで赤字着地となるものの、セグメント別ではレーザデバイス事業の利益が前年同期比624%増となりました。米CPI鈍化でグロース株物色の潮流を受けております。

10月27日、警察庁が2023年4月1日を目処に自動運転レベル4の公道走行許可を盛り込んだ道路交通法を施行予定と発表すると、自動運転用のマップ技術を持つアイサンテクノロジー<4667>は、思惑から買いが流入しました。チャート(日足)は底を打って切り返すと、トレンド転換するか。

「飲食店.COM」を運営するシンクロ・フード<3963>は、決算後の売りから買い戻しが入りました。飲食店.COMのユーザー数は四半期ごとに右肩上がりで、業績は4期ぶりに過去最高益となる見通しです。コロナ明けで飲食業人材の需要拡大もあるか。

最後はAI実装支援やビッグデータ解析を手掛けるエッジテクノロジー<4268>です。今年2月に上場した同社は、直近の地合いは弱気に見えても業績を堅調に伸ばしています。12月9日の決算発表を経てチャートがどうなるか監視です。

さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。

----

執筆者名:有限亭玉介
ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー