fbpx

【市場反応】米11月ISM非製造業景況指数、予想外に改善、ドル買い強まる

マネーボイス 必読の記事



米供給管理協会(ISM)が発表した11月ISM非製造業景況指数は56.5と10月54.4から低下予想に反して上昇した。10月製造業受注は前月比+1.0%と、9月+0.3%から伸びは拡大。6月来で最大となった。

事前に発表された11月サービス業PMI改定値は46,2と、5カ月連続で活動の縮小となる50を割り込んだが予想外に速報値46.1から上方修正された。また、総合PMI改定値は46,4と、10月から低下も、予想外に速報値46.3から上方修正された。ただ、5カ月連続で50を割り込んだ。

予想を上回った結果を受けてドル買いが強まりドル・円は135円00銭から136円28銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.0595ドルから1.0504ドルまで下落した。ポンド・ドルは1.2320ドルから1.2192ドルまで下落。



【経済指標】
・米・10月製造業受注:前月比+1.0%(予想:+0.7%、9月:+0.3%)
・米・11月ISM非製造業景況指数:56.5(予想:53.5、10月:54.4)
・米・11月サービス業PMI改定値:46,2(予想:46.1、速報値:46.1)
・米・11月総合PMI改定値:46,4(予想46.3、速報値:46.3)





いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー