fbpx

売り先行も、半導体関連株などに押し目買いなどが入り上げに転じる【クロージング】

マネーボイス 必読の記事



6日の日経平均は小幅に続伸。65.47円高の27885.87円(出来高概算10億1000万株)で取引を終えた。前日の米国市場で主要株価指数が下落した流れから、主力銘柄を中心に売りが先行して始まり、取引開始直後に27698.31円まで売られた。ただし、その後は円相場が1ドル137円台前半と円安に振れていたこともあり、先週末の下げに対するリバランスの動きとなった。ただし、メジャーSQを控えて積極的にポジションを傾ける動きは限られ、27900円近辺でのこう着感の強い相場展開だった。

東証プライムの騰落銘柄は、値下がり銘柄が1000を超え、全体の過半数超を占めた。セクター別では、保険、鉄鋼、その他製品、銀行、卸売など21業種が上昇。一方、鉱業、精密機器、サービス、石油石炭、陸運など11業種が下落し、ガラス土石は変わらず。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、KDDI<9433>、ファナック<6954>、アドバンテス<6857>が堅調だった半面、ソフトバンクG<9984>、エムスリー<2413>、エーザイ<4523>、テルモ<4543>、リクルートHD<6098>が軟化した。

週明けの米国市場では、11月のISM非製造業景況指数が市場予想に反して上昇したため、利上げ長期化への警戒感から売りが優勢になった。これを受け、東京市場も弱含みで始まったものの、売りは続かなかった。黒田日銀総裁が衆院財政金融委員会で「物価2%目標未達なら賃上げ3%でも緩和継続が当然」などと述べたことなどから、円相場が一時1ドル=137円台へと円安が進行したため、輸出関連株中心に切り返す銘柄が見られた。

日経平均はひとまず続伸したものの、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に積極的にポジションを大きく傾ける向きは限られよう。また、今週末には今年最後となるメジャーSQを迎えるだけに、SQをにらんだ持ち高調整の動きも出てくる可能性もある。加えて、心理的な節目である28000円を前に戻り待ちや利益確定売りが控えていると想定される。このため、目先は値動きの軽い小型株など材料株中心動きにとどまり、全般は狭いレンジ内の動きに終始しそうだ。



いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー