fbpx

ダイコク電機—通期連結業績予想の修正及び配当予想の修正(増配)

マネーボイス 必読の記事



ダイコク電機<6430>は5日、2023年3月期(2022年4月1日~2023年3月31日)通期連結業績予想の上方修正及び配当予想の修正(増配)を発表。
2023年3月期通期連結業績予想の売上高は、前回発表予想比9.4%増の290.00億円、営業利益は同68.2%増の18.50億円、経常利益は同57.7%増の20.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同52.9%増の13.00億円、1株当たり当期純利益は87円93銭。
11月21日よりスマート遊技機の市場投入がパチンコホールで順調に始まり、今後も情報システム事業においてスマート遊技機に必要なユニット「VEGASIA」など製品の販売が継続できる見通しが立ち始めたことから前回発表予想を上回る見込みとなった。
また今回の業績予想の修正を踏まえ、当期の期末配当を前回予想の30円から20円増配し、合計50円に修正する。これにより、中間配当金を含めた当期の年間配当金予想は、1株につき60円となる。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー