fbpx

今日の為替市場ポイント:米長期金利低下でドル買いがただちに拡大する可能性低い

マネーボイス 必読の記事



7日のドル・円は、東京市場で136円79銭から137円86銭まで上昇。欧米市場では137円81銭から136円22銭まで下落し、136円58銭で取引終了。本日8日のドル・円は主に136円台で推移か。米長期金利の低下を受けてリスク選好的なドル買い・円売りがただちに拡大する可能性は低いとみられる。

7日のニューヨーク外為市場でドルは主要通貨に対して弱含みとなった。金利引き上げによって米国経済は景気後退に陥るとの懸念が一段と強まっていることがドル売りにつながった。直近で発表された雇用、サービス業、製造業に関する経済指標はまずまず良好な内容であるものの、米国経済の先行きについては予断を許さない状況が続いている。一部報道によると、米銀大手の幹部は「インフレが消費者需要の重しとなるため、来年の景気悪化に備えている」との見解を示したようだ。

市場参加者の多くは景気悪化によるインフレ緩和を想定しているものの、経済情勢が予想以上に悪化するリスクがあることを警戒している。利上げの最終局面は来年前半との見方は引き続き多いものの、利下げ開始時期については今後の経済情勢次第で大きく変わるとみられており、「金融市場の不確実性が短期間で大幅に低下することは期待できない」との声が聞かれている。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー