fbpx

【市場反応】米1月ADP雇用統計、2年ぶり低水準の伸び、ドル売り加速

マネーボイス 必読の記事



民間部門の雇用者数を占めすADP雇用統計の1月分は前月比+10.6万人と、伸びは12月から予想以上に鈍化した。マイナスとなった21年1月以降2年ぶり低い伸び。
カリフォルニアの洪水など、悪天候が主要因とされている。

労働市場のひっ迫緩和で、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ長期化の思惑が後退。米2年債利回りは4.17%まで低下した。

ドル売りが強まり、ドル・円は129円80銭から129円49銭まで下落。ユーロ・ドルは1.0890ドルから1.0907ドルまで上昇した。ポンド・ドルは1.2320ドルから1.2342ドルまで上昇。

【経済指標】
・米・1月ADP雇用統計:+10.6万人(予想:+18.0万人、12月:+25.3万人←+23.5万人)

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー