fbpx

IDOM—ボリバン+1σまでの調整で過熱感は後退

マネーボイス 必読の記事



25日線での攻防からマドを空けての上昇で75日線を突破した後も、強いリバウンド基調を継続している。ボリンジャーバンドでは1月半ばに+3σを上回る場面も見られたが、2月以降のこう着によって+1σまで調整したことにより、過熱感は後退した。週足では長い陽線連発で13週、26週線をクリアし、週足の一目均衡表では雲上限を上放れてきた。遅行スパンは実線の切り上がりに沿ったリバウンドを見せてきている。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー