fbpx

NY為替:利上げ見合わせ言及でドル売り優勢気味

マネーボイス 必読の記事



 ドル・円は139円36銭まで下落している。ジェファーソン米FRB理事、ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁の利上げ見合わせ言及が伝えられ、ドル売りが優勢気味になっている。ユーロ・ドルも1.6070ドルまで反発している。

【要人発言】
・ジェファーソン米FRB理事
「利上げ停止は金利ピーク意味せず」
「利上げ見合わせはデータ精査の時間生む」

・ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「6月FOMCは利上げ見合わせるべきだ」

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらXでMONEY VOICEをフォロー