fbpx

3Dマトリクス—大幅に反発、吸収性局所止血材の炎症性腸疾患領域での医師主導特定臨床研究開始

マネーボイス 必読の記事



大幅に反発。自己組織化ペプチド技術を用いた吸収性局所止血材「ピュアスタット」について、群馬大学医学部附属病院で炎症性腸疾患領域における効果確認のための医師主導特定臨床研究が開始されたと発表している。ピュアスタットの潰瘍治癒効果の検証を行い、将来の適応拡大への足掛かりとする考え。今後、日本と欧州で複数の医師主導特定臨床研究を行い、早期にProof Of Concept(POC)を取得することを目指す。
いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー