fbpx

【展望】日経平均はPER14倍割れからの反発局面、海外市場も強くじわり買い有利か

日経平均は決して強いと言える状態ではない。どちらかと言えば、方向感がない。しかし下げない。だから売りづらい。買いと売りのどちらが有利かと言えば、買いが有利。ただふらふら上下動の方向感がない地合いのためポジションが取りづらいのだが、じわり買い有利の方向という印象だ。(『山の中の超相場観』)

今週の相場展望~買いと売り、どちらかと言えば買いが有利

東1騰落レシオ、日経PERに過熱感なし

テクニカルをチェックしてみよう。27日の東証1部25日騰落レシオは109P。過熱感が出始める120P超えにはまだ上昇余地あり。そこまで直近で上昇銘柄数が多い印象はない。

【関連】日経は理論株価1万6772円前後で穏やかな動き、配当利回りが焦点に?

一方、日経225PERは14.13倍。ここに日経平均がファンダメンタルからして株価が評価されていない点が表現されている。14倍割れがだいたい日経平均の底水準で5月13日から24日まで13倍台が続き先週に入り14倍台に浮上した。

直近1年以内で14倍割れは昨年9月29日、今年1月21日、2月12日、そして今回だが、昨年9月、今年1月と2月の14倍割れの後、日経平均は反騰している。東証1部225種企業が稼ぐ利益に対して株価が14倍以下になると買戻しが入る。

2014年5月以降、このパターンは続いているので今回もこの動きになるのではないだろうか。ザラ場弱い地合いになっても下値を叩きにくいため売り妙味が少ない。騰落レシオは現在、買われ過ぎでも売られ過ぎでもない。そんな中、日経225PERは依然低い数字のままである。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

売り方の買い戻し半ば

貸借倍率は直近3年間でも最も低い4倍前後。売建てが増加し買い返済が進んでいる状況と理解できる。買戻しが入りやすい地合いだ。投資主体別売買動向で外資が昨年12月第2週から今年3月第4週まで長期で売り越し続けたものの、それ以降は売り姿勢を弱めていることと符合している。外資が3か月半売り続けた結果、売建てがまだ十分に返済されていない。

マザーズの不調が信用評価損率に与える影響は

意外なのは信用評価損率が10%を超える程度の低い状態にとどまっていること。これは2月半ば以降、マザーズを中心に新興市場人気で上昇相場が続いた恩恵だからだろう。

ただしこれからはわからない。投資主体別売買動向で5月第3週の動きがわかったが個人投資家は連続買い越し。第3週は極めて強かったマザーズ市場が大きく崩れた週で逆張りの個人投資家は絶好のバーゲンセールととらえたようだ。出遅れた個人投資家が下げたときに買おうとタイミングを見計らい、絶好の押し目買い時と見たのかもわからない。

しかしこの判断が正しかったのかどうか。その後もマザーズ市場は下げ続けており、信用評価損率を悪化させていると推測する。

Next: NYダウは長期下降トレンド入りを回避か

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい