fbpx

NY外為:ドル続伸、カシュカリ米MN連銀総裁はあと1回追加利上げでソフトランディング確率60%を想定

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場でドルは続伸した。米国経済指標はまちまちだが年内の追加利上げ観測は根強い。住宅価格指数は予想を上回ったが、消費者信頼感指数や米地区連銀非製造業活動が予想を下回った。

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁はエッセイの中で経済に深刻な損傷を与えずインフレ2%目標達成できる確率は60%。このためあと1回の利上げを想定。ドル・円は148円90-95銭と、149円手前で高止まり。ユーロ・ドルは1.0609ドルの高値から1.0570ドルまで下落した。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらXでMONEY VOICEをフォロー