fbpx

NY外為:ドル戻り鈍い、米雇用減速の思惑

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場でドルは戻りが鈍い展開となった。朝方発表された民間部門雇用統計の8月ADP雇用統計の伸びが7月分から予想以上に縮小したため雇用減速の思惑が強まった。米国債相場は反発。米10年債利回りは4.72%まで低下した。

ドル・円は148円90銭で上値が重い。ユーロ・ドルは1.0532ドルまで上昇後も1.0515ドルと1.05ドル台を維持。ポンド・ドルは1.2120ドルから1.2177ドルまで上昇し、2日来の高値を更新した。

いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらXでMONEY VOICEをフォロー