マネーボイス メニュー

31日のNY市場は下落

[NYDow・NasDaq・CME(表)]

NYDOW;38150.30;−317.01
Nasdaq;15164.01;−345.88
CME225;35875;-495(大証比)

[NY市場データ]

31日のNY市場は下落。ダウ平均は317.01ドル安の38,150.30ドル、ナスダックは345.88ポイント安の15,164.01で取引を終了した。連邦準備制度理事会(FRB)の連邦公開市場委員会(FOMC)結果発表を控え様子見気配が強まり、寄り付き後、まちまち。FRBがFOMCで市場の予想通り4会合連続で金利据え置きを発表、利下げの可能性が明確化されなかったため早期利下げ期待が後退し売りが先行した。終盤にかけてパウエル議長がFOMC後の会見で現時点で3月の利下げの可能性がベースシナリオではないとの委員会の考えを指摘すると下げ幅を拡大し終了。セクタ―別では、ヘルスケア機器・サービスが上昇した一方、メディア・娯楽が大きく下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪日中比495円安の35,875円。ADR市場では、対東証比較(1ドル146.90円換算)で、富士通、ルネサス、ソニーG、トヨタ、オリックス、ホンダ、ファーストリテイなどが下落し、全般売り優勢となった。

シェアランキング

編集部のオススメ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
MONEY VOICEの最新情報をお届けします。