fbpx

ファクタリングの違法性と悪質業者の見分け方:安全な選び方を解説

ファクタリングの基本と違法性

ファクタリングの仕組みと法的根拠

ファクタリングとは、企業が保有する売上債権をファクタリング会社に売却し、資金を調達する方法です。この仕組みを利用することで、企業は迅速に現金を手に入れることができます。ファクタリングの法的根拠は、主に民法や商法に基づいており、特に債権譲渡の規定が関連します。民法第466条には、債権譲渡の自由が規定されており、これがファクタリングの基本的な法的背景となります。

また、ファクタリングにはリコース(償還請求権あり)とノンリコース(償還請求権なし)の2種類があります。ノンリコースは、売掛先が倒産してもファクタリング会社が損失を負担するため、利用者にとってリスクが低くなるメリットがあります。一方で、リコースは、売掛金が回収できなかった場合に利用者がそのリスクを負う形式です。

ファクタリングを利用する企業が増えているのは、なぜでしょうか? その理由は、即座に資金調達ができる点や、銀行融資と異なり与信審査が厳しくないためです。特に、中小企業にとっては、迅速に資金繰りを改善する手段として有効です。また、ファクタリングは借入ではないため、バランスシート上の負債が増えないというメリットもあります。

さらに、ファクタリングは、特定の金融機関だけでなく、多くのファクタリング専門会社によって提供されています。これにより、企業は多様な選択肢から最適なサービスを選ぶことができます。ファクタリング契約を結ぶ際には、各社の手数料率、サービス内容、契約条件などを比較検討することが重要です。

ファクタリングが違法とされるケース

ファクタリング自体は合法ですが、特定の条件下では違法とみなされることがあります。例えば、給与ファクタリングは法律で禁止されています。給与ファクタリングは、従業員が受け取る予定の給与をファクタリングするもので、高金利や高額な手数料が問題視されています。また、偽装ファクタリングと呼ばれる、実際には貸金業なのにファクタリングを装っているケースも違法です。

違法なファクタリング業者は、償還請求権を行使したり、保証人や担保の設定を求めたりすることがあります。これらの行為は法律に違反し、利用者にとって大きなリスクとなります。したがって、ファクタリングを利用する際には、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

また、違法なファクタリング業者は、契約書に不透明な条項を含めることが多く、利用者が不利な条件を承諾してしまうことがあります。契約書をしっかりと確認し、不明点があれば専門家に相談することが推奨されます。法律に基づく適正な契約を結ぶことで、違法業者からの被害を防ぐことができます。

安全なファクタリングの選び方

安全なファクタリング業者を選ぶためには、いくつかのポイントに注意する必要があります。まず、業者が適切に登録されているか確認しましょう。登録されている業者は、法律に基づいて運営されているため、信頼性が高いです。また、手数料や金利についても事前に確認することが重要です。過度な手数料や高金利は、違法な業者の特徴の一つです。

さらに、契約書の内容をしっかりと確認し、曖昧な点がないかチェックしましょう。契約書には、ファクタリングの詳細な条件や手続きが記載されているため、これを理解しておくことが重要です。最後に、利用者の口コミや評判を参考にすることも有効です。実際の利用者の声を確認することで、業者の信頼性を判断する材料とすることができます。

また、安全なファクタリング業者を選ぶ際には、業者の歴史や実績も考慮することが重要です。長い運営歴を持つ業者は、一般的に信頼性が高く、多くの顧客から支持されています。さらに、顧客サポートが充実している業者も安心です。トラブルが発生した際に迅速に対応してもらえるかどうかは、重要なポイントです。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

image by:写真AC

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いをわかりやすく説明します。

2社間ファクタリングの特徴

2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の2社のみで取引が完結する形式です。この方式では、売掛先にはファクタリングの事実が通知されません。2社間ファクタリングの主な特徴は、手続きが迅速であることと、売掛先に通知しないため取引関係に影響が出ないことです。これにより、利用者は売掛先との関係を維持しながら資金調達が可能となります。

ただし、2社間は手数料が高くなる傾向があります。これは、ファクタリング会社がリスクを負うためであり、そのリスクに見合った手数料を設定するからです。また、与信管理が厳格であるため、利用者の信用力が重要となります。

2社間ファクタリングのもう一つの利点は、資金調達のスピードです。売掛金を即座に現金化できるため、急な資金需要に対応することができます。特に、支払ファクタリング(支払いファクタリング)として利用される場合、迅速な資金繰りが求められる企業にとって大きな助けとなります。

3社間ファクタリングの特徴

3社間は、利用者、ファクタリング会社、売掛先の3者が関与する形式です。ここでは、売掛先にもファクタリングの事実が通知され、売掛金の支払いが直接ファクタリング会社に行われます。3社間ファクタリングの主な特徴は、手数料が比較的低いことです。これは、ファクタリング会社がリスクを分散できるためです。

しかし、売掛先に通知する必要があるため、取引関係に影響を与える可能性があります。また、売掛先が同意しない場合、3社間ファクタリングを利用することができないというデメリットもあります。3社間ファクタリングの手続きは、一般的に2社間よりも時間がかかりますが、手数料の低さが大きなメリットとなります。

さらに、3社間ファクタリングは、与信管理が比較的緩やかであるため、信用力に不安がある企業でも利用しやすいという利点があります。売掛先の信用力が重視されるため、利用者にとっては資金調達のハードルが低くなります。

2社間と3社間のメリット・デメリット

2社間ファクタリングのメリットは、売掛先に通知しないため、取引関係を維持できる点です。また、手続きが迅速であり、資金調達までの時間が短いことも利点です。しかし、手数料が高くなる傾向があり、与信管理が厳格であるため、信用力が重要となります。

一方、3社間ファクタリングのメリットは、手数料が低いことです。リスクが分散されるため、ファクタリング会社も利用者に対して低い手数料を設定できます。しかし、売掛先に通知する必要があり、取引関係に影響を与える可能性があります。また、売掛先の同意が得られない場合、利用できないというデメリットがあります。

2社間ファクタリングは、特に急いで資金を調達したい場合に有効です。売掛金をすぐに現金化できるため、キャッシュフローの改善に役立ちます。一方、3社間ファクタリングは、コストを抑えたい場合や、売掛先の信用力が高い場合に適しています。どちらの方法を選ぶかは、利用者の状況やニーズによって異なります。

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの比較

2者間ファクタリングと3者間ファクタリングの比較をまとめると、以下のようになります。2者間ファクタリングは、迅速な手続きと売掛先に通知しないという点で有利ですが、手数料が高くなることが一般的です。3者間ファクタリングには、手数料が低くなるという利点がありますが、売掛先に通知しなければならず、同意が得られない場合は利用できません。

どちらを選ぶかは、利用者の状況やニーズによります。迅速な資金調達が必要で、売掛先との関係を維持したい場合は2者間ファクタリングが適しています。一方、コストを抑えたい場合や、売掛先がファクタリングに同意している場合は3者間ファクタリングが有利です。

また、2者間ファクタリングは、企業の資金繰りが急務である場合や、売掛先に対してファクタリングの事実を隠しておきたい場合に適しています。3者間ファクタリングは、コストを抑えつつ、安定した資金調達を行いたい場合に適しています。企業の状況や目的に応じて、最適な方法を選択することが重要です。

違法ファクタリングの判例と悪質業者の特徴

image by:写真AC

代表的な違法ファクタリングの例

違法ファクタリングの代表的な例として、給与ファクタリングと偽装ファクタリングがあります。給与ファクタリングは、従業員が受け取る予定の給与をファクタリングするもので、高金利や高額な手数料が問題視され、違法とされています。一方、偽装ファクタリングは、実際には貸金業なのにファクタリングを装っているケースです。

給与ファクタリング

給与ファクタリングは、労働者が将来受け取る予定の給与を前借りする形態のファクタリングです。しかし、高金利や高額な手数料が課されるため、実質的には高利貸しと同様であり、法律で禁止されています。労働者に対する過度な負担を強いるため、社会問題となっています。

給与ファクタリングの利用者は、急な資金需要に対応するためにこの方法を選ぶことが多いですが、結果として過剰な返済負担を強いられることが多いです。このような状況を避けるためには、適正な金融サービスを利用することが重要です。

偽装ファクタリング

偽装ファクタリングは、実際には貸金業でありながらファクタリングを装う手法です。この場合、実質的には融資であるため、貸金業法の規制を受けます。しかし、偽装ファクタリング業者はこの規制を回避するため、ファクタリングとして契約を行い、高金利や過剰な手数料を徴収します。これは明確な法律違反です。

偽装ファクタリングの被害に遭わないためには、契約内容をしっかりと確認し、専門家に相談することが重要です。違法な業者は、利用者の知識不足につけ込み、不利な条件を押し付けることがあります。適正な業者を選び、透明性のある契約を結ぶことが求められます。

悪質なファクタリング業者の判例

悪質なファクタリング業者に関する判例も多く存在します。これらの判例では、違法な高金利や過剰な手数料を徴収した業者が摘発されています。また、契約書に曖昧な記載がある場合や、利用者に対して償還請求権を行使したケースも判例として報告されています。これらの判例は、違法なファクタリング業者の実態を明らかにし、利用者に警鐘を鳴らすものです。

例えば、ある判例では、違法なファクタリング業者が高額な手数料を設定し、利用者に過剰な負担を強いていました。この業者は、契約書に不透明な条項を含め、利用者が不利な条件を承諾してしまうように仕向けていました。裁判所は、業者の行為を違法と判断し、利用者に対する返済義務を解除しました。

違法なファクタリング業者の特徴

違法なファクタリング業者には、いくつかの特徴があります。まず、償還請求権がある場合です。ファクタリングは通常、ノンリコースで行われるべきですが、違法業者はリコース契約を結び、売上債権が回収できない場合に利用者に対して償還を求めます。

償還請求権がある場合

違法なファクタリング業者は、契約に償還請求権を含めることがあります。これは、売掛先が支払いを行わない場合に、使用者がファクタリング会社に対して返済義務を負うことを意味します。通常のファクタリングにおいては、売掛金の回収リスクはファクタリング会社が負うものであり、償還請求権を設定することは違法とされています。

保証人や担保の設定を求められる場合

ファクタリング契約において、保証人や担保の設定を求められる場合も注意が必要です。これらの要求は、利用者に対する過度な負担を強いるものであり、違法なファクタリング業者がよく用いる手法です。正当なファクタリング契約では、こうした要求は通常行われません。

高金利や異常な手数料

違法なファクタリング業者は、高金利や異常な手数料を設定することがあります。これにより、利用者は過大な負担を強いられ、経済的に困窮することになります。適正なファクタリング業者は、透明性のある料金体系を持ち、適正な手数料を設定しています。

会社の所在や契約書が曖昧な場合

会社の所在が不明確であったり、契約書に曖昧な点が多い場合も注意が必要です。これらは違法なファクタリング業者の特徴であり、契約後にトラブルが発生するリスクが高まります。信頼できる業者は、会社の情報を公開し、明確な契約書を提供します。

ノンリコースとリコースの違い

ノンリコースは、売掛金の回収リスクをファクタリング会社が負担するものであり、利用者にとってリスクが少ないです。一方、リコースは、売掛金の回収ができない場合に利用者が返済義務を負うもので、リスクが高くなります。違法な業者は、このリコース契約を利用することが多いです。

まとめ

image by:写真AC

ファクタリングは、企業が迅速に資金調達を行うための有効な手段ですが、違法業者の存在には注意が必要です。ファクタリングの基本的な仕組みや法的根拠を理解し、安全な業者を選ぶことが重要です。2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いを把握し、自社のニーズに合った方法を選択しましょう。また、違法なファクタリング業者の特徴や判例を参考にし、トラブルを避けるための知識を身につけることが求められます。

ファクタリングを利用する際には、信頼できる業者を選び、適正な契約を結ぶことが最も重要です。手数料や金利、契約内容をしっかりと確認し、疑問点があれば専門家に相談することが推奨されます。ファクタリングのメリットを最大限に活用し、企業の成長をサポートするためには、適切な判断と知識が不可欠です。

請求書の管理も重要な注意点の一つです。請求書の内容が正確であることを確認し、ファクタリング会社に提供する情報が完全であることを確認することで、スムーズな取引が可能となります。また、請求書に不備があると、ファクタリング会社からの支払いが遅れることがあるため、正確な管理が求められます。

ファクタリングのメリットは、迅速な資金調達と債権者に対する柔軟な対応が可能になることです。特に、中小企業やスタートアップにとって、ファクタリングは重要な資金調達手段となります。しかし、適正な業者選びと契約内容の確認が重要であり、これを怠ると違法業者に巻き込まれるリスクがあります。慎重な判断と正確な情報収集が求められます。

おすすめのファクタリング会社17選|手数料を比較!安いのはどこ?

ファクタリング会社は融資の手数料が安く、安定している会社を選ぶことが大切といえます。

まずはどのような会社があるのか、主なファクタリング会社数社とそのサービスの特徴などをご紹介します。

サービス名 手数料 入金
アクセルファクター 2%〜 即日〜
えんナビ 5%〜 最短1日
QuQuMo(ククモ) 1%〜 2時間~
uri×do(うりかけ堂) 2.3%~ 最短2時間
PayToday(ペイトゥデイ) 2%~9.5% 最短30分
labol(ラボル) 一律10% 最短60分
ジャパンマネジメント 3%〜 最短当日
ペイトナーファクタリング 0.1 即日~
ビートレーディング 2%〜 最短2時間
Terasu(テラス) 5%〜 90分〜
プロテクト・ワン 1.5%〜 即日~
エスコム 1.5%〜 即日~
日本中小企業金融サポート機構 1.5%〜 最短3時間
チョウタツ王
ウィット 2時間~
ネクストワン 1.5%~ 即日~
けんせつくん 2時間~

アクセルファクター

引用:アクセルファクター

引用:アクセルファクター

1,000万円まで手数料2%~

アクセルファクターは年間2,000件以上の相談実績を持つファクタリング業者です。

2社間・3社間どちらも対応で、利用額は1億円までと間口が広く、原則即日振込というスピード感のある対応が特徴です。

東京の他に仙台、名古屋、大阪にも営業所があるため、各地域で事業展開されている方でも利用しやすい点もメリットです。

アクセルファクター独自のスピードスキームを導入し、短時間でのサービス提供を実現。即日の対応を原則としています。
例え遠方であっても必要書類の提出はメールやFAXですることができます。
資金難に陥っている会社にこそスピード感が必要と考えており、審査でも柔軟性を重視しています。

ファクタリングで意外とお金のかかる手数料についても工夫があります。
少しでも負担を減らすため、売掛債権額501万~1000万円の手数料は2%~、100万円以下の少額取引の手数料も8%~とリーズナブルな設定になっています。

手数料 2社間 3~15%、3社間 2~8%
買取額 下限なし~1億円
入金スピード 最短当日入金

取引額が数千万円単位でないと断る企業もある中、アクセルファクターは100万円以下の少額でも対応してくれます。幅広い顧客から選ばれている企業です。

運営会社 株式会社アクセルファクター
代表取締役 本成 善大
資本金 1億3,456万円(ネクステージグループ全体)
東京本社 東京都新宿区高田馬場1丁目30-14 コルティーレ高田馬場1F
仙台営業所 宮城県仙台市青葉区本町一丁目12-12 GMビルディング3F
名古屋営業所 愛知県名古屋市中区丸の内2-17-13 NK丸の内ビル2F
主要取引銀行 みずほ銀行 三井住友銀行

電話での問い合わせも可能なため、公式サイトで詳細を確認し融資の相談をしてみてはいかがでしょうか。

えんナビ

引用:えんナビ

引用:えんナビ

えんナビは24時間365日対応で、最短1日で売り掛け金を資金化できるファクタリング会社です。
24時間365日対応してもらえるので、忙しく時間のない方でも安心して利用できますよ。
30万~5,000万円まで対応可能で、赤字決算や債務超過などで悩まれている方でも利用可能◎

遠方の方でも利用できるよう担当スタッフの出張対応も行なっています。
また電話やメールでの契約が可能な場合もありますので、気になる方は相談してみましょう。

手数料 5%〜
買取額 30万~5,000万円
入金スピード 最短1日

QuQuMo(ククモ)

引用:QuQuMo(ククモ)

引用:QuQuMo(ククモ)

最短2時間で資金調達

「QuQuMo」は株式会社アクティブサポートによるサービスです。
この会社は、設立から都内(池袋)を中心に数多くの企業の資金調達のサポートをしてきたファクタリングサービス社です。

【安心】【信頼】【行動】を企業理念とし、都内(池袋)から発信する新型オンラインサービスとして、売掛金前払いサービスで資金調達様々なお悩みに応えてきました。

オンライン完結でスピードを追求する新たな資金調達サービス「QuQuMo」を導入しています。

「QuQuMo」の特徴は以下のようになっています。

「QuQuMo」のおすすめポイント
  • 手数料1%〜
  • WEB完結で、面談は不要
  • 事務手数料不要
  • 債権譲渡登記不要
  • 入金まで即日最短2時間
  • 必要書類は、通帳のコピー・買取対象者請求書のみ
QuQuMo(ククモ)はオンライン完結でスピーディーな信金調達を実現するファクタリングサービスです。

最速即日2時間、準備書類は2点、面談も不要と取引にかかる手間を極力排除したスキームが魅力です。

契約締結は、弁護士ドットコム監修の電子契約サービス「クラウドサイン」を採用しているため、情報が外部に漏れることもありません。

公式サイトは初心者にもわかりやすい内容で説明されているので、即日の急な資金調達を必要としている方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

uri×do(うりかけ堂)

引用:uri×do(うりかけ堂)

引用:uri×do(うりかけ堂)

「uri×do(うりかけ堂)」のおすすめポイント
  • 訪問可能
  • 即日入金可能

即日入金可能なうりかけ堂

うりかけ堂は株式会社hs1が運営するファクタリングサービスです。うりかけ堂では、迅速な対応な特徴の一つとなっていて、即日入金が可能となっています。事前に必要書類を準備できている場合には、最速2時間で資金を調達することが可能となっています。また、担当スタッフが出張訪問することも可能で、地方でもメールや電話を活用することで、来店不要でファクタリングを行うことがで切ることもおおきなメリットと言えるでしょう。30万円の少額債権から、5,000万円の高額債権まで対応してるので、幅広い業種から支持を得ています。

手数料 2.3%~
面談 出張訪問可能
契約方法 出張訪問可能
審査時間 最短2時間
入金までの時間 最短2時間
査定料 なし

PayToday(ペイトゥデイ)

引用:PayToday(ペイトゥデイ)

引用:PayToday(ペイトゥデイ)

「PayToday(ペイトゥデイ)」のおすすめポイント
  • 即日入金
  • オンライン完結
  • 手数料上限9.5%

低手数料・最短即日振込のPayToday

PayTodayは「低手数料・最短即日振込」がウリの2社間ファクタリングサービスです。個人・法人どなたでも利用可能で、手数料は2%~9.5%で上限が決まっているので、安心して利用することができます。Web申し込みと、電話面談のみで契約が可能なため、どちらか好きな方を選ぶことができます。

手数料 2%~9.5%
面談 オンライン完結可能
契約方法 オンライン完結可能
審査時間 最短30分
入金までの時間 最短30分
査定料 なし

labol(ラボル)

引用:labol(ラボル)

引用:labol(ラボル)

「labol(ラボル)」のおすすめポイント
  • フリーランス向け
  • WEB完結型
  • 最短60分

フリーランス、個人事業主向けのファクタリングサービス

labol(ラボル)は株式会社セレスが展開するフリーランス・個人事業主向けファクタリングサービスです。株式会社セレスは、ポイントサイト「モッピー」などで知られる会社です。
labol(ラボル)は、請求書と各種書類をアップロードするだけで利用できるWEB完結型サービスで、最短60分で資金調達ができます。当日13時前に審査が完了すれば、当日中に入金が行われます。
手数料は請求書の額面に関わらず、一律10%で、初期費用や月額費はありません。最低1万円から請求書の買取に対応しており、シンプルかつ使いやすいファクタリングサービスとなっています。

手数料 一律10%
面談 不要
契約方法 Web完結
審査時間 最短60分
入金までの時間 最短60分
査定料 なし

ジャパンマネジメント

引用:ジャパンマネジメント

引用:ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメントは最短当日、手数料3%~、2社間ファクタリングに対応している会社で、成約率は95%以上◎
新規見積もりは無料で、他社からの乗りかえも受け付けていますよ。
現在のファクタリング会社にご不満をお持ちで他社に乗り換えを検討されている方へもおすすめです。

また、法人だけでなく個人事業主も利用可能となっています。
電話での問い合わせは土曜日も対応しているので、急いでいる場合でもすぐに相談が可能です。

手数料 3%〜
買取額 30万〜5,000万
入金スピード 最短当日

ペイトナーファクタリング

引用:ペイトナーファクタリング

引用:ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリングは最短10分で請求書を現金化できる2社間ファクタリングサービスです。

請求書をPDF・画像データでアップロードすれば、即日最短10分で審査の結果が返ってきます。この時、審査に通っていれば入金も同時に行われるのが嬉しいポイント。

手数料は一律10%。他サービスと比較すると若干高く設定されているようにも見えますが、初期費用・月額費用はかかりません。

スピード感を持って入金してくれるのがペイトナーファクタリングの魅力です。

新規登録時の最大利用限度額は15万円から。その後、利用状況に応じて限度額が増えていきます。法人・フリーランスともに利用されているサービスです。

ビートレーディング

引用:ビートレーディング

引用:ビートレーディング

株式会社ビートレーティングは累計取引者数58,000社or5.8万社の実績、累計買取額1,300億円を誇るファクタリング会社です。

2社間、3社間ファクタリングに対応し3億までの融資が可能です。

最短2時間で調達可能となっています。

査定料は0円でWeb上から買取希望金額を指定して調達可能額を調べてみることができます。

まずは気軽に査定相談を行ってみはいかがでしょうか。

審査に必要なものは以下の2点です。

「ビートレーディング」のおすすめポイント
  • 1.売掛債権に関する資料(請求書、契約書など)
  • 2.通帳のコピー(直近2か月分)
専任の女性オペレーター制度も導入しています。
審査結果は資料をご提出いただきましたら平均30分以内にお伝えします。
申込から契約までオンラインで完結するため、無駄なコストや手間はかかりません。
申込から即日最短5時間で振り込みが可能なのも、嬉しいポイントですね。

Terasu(テラス)

引用:Terasu(テラス)

引用:Terasu(テラス)

Terasu株式会社は、スピードと柔軟性のある対応で期待以上のサービスを提供し続けるファクタリング会社です。
徹底した簡素化を行い、面倒を極力取り除くことで、事業主様の負担を大幅に軽減させています。
必要書類・情報を事前に提出することで、即日最短90分での融資の入金が可能です。
非対面審査のオンライン完結で、全国どこからでも申込可能です。

プロテクト・ワン

引用:プロテクト・ワン

引用:プロテクト・ワン

プロテクトワンは、審査開始から最短2時間で即日振込が可能な2社間ファクタリングサービスです。

3社間ファクタリングでは、原則としてお取引様への債権譲渡通知が必須です。
対して、2社間ファクタリングでは通知不要でご契約いただけます。
ですので、取引先に利用の通知は無いのでご安心を。

ファクタリング利用額は10万円から1億までとなっており、審査通過率は9割以上となっています。

売掛先への請求書と、それに類する書面が審査時に必要となります。

必要な分だけ、低額から資金化が可能です。

法人の取引先を持つ個人事業主であれば、業種を問わず利用可能です。

契約の際に、訪問は不要です。Web上での契約が可能なことや即日対応可能なところもポイントですね。

3社間ファクタリングでは売掛先様の信用力、2社間ファクタリングではご利用者様の信用力が重視されます。

エスコム

引用:エスコム

引用:エスコム

即日査定で最大1億円の資金化が可能

電子契約を採用し、即日査定で最短翌日に最大1億円までの資金調達が可能なファクタリング業者の「エスコム」。

手数料は3社間ファクタリングの場合1.5%~、2社間は5%~と低水準です。

元行員、ノンバンク社員、金融業界に精通しているスタッフがファクタリングだけでなく経営の相談にも乗ってくれます。

メールの無料査定は最短1分で簡単にできますので、ぜひお気軽に問合せてみてはいかがでしょうか。

申し込み方法は、電話やFAX、メール、また郵送も可能です。

日本中小企業金融サポート機構

引用:日本中小企業金融サポート機構

引用:日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、審査開始から即日最短30分で審査結果が出て、最短3時間振込が可能な2者間/3者間ファクタリングサービスです。

日本中小企業金融サポート機構は、関東財務局長及び関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関です。
一般的なファクタリングだけではなく、より密に経営全体のサポートが可能です。
経営者様のお悩み解決の解決に、きっと役立つことでしょう。

個人事業主も対応可能です。

チョウタツ王

引用:チョウタツ王

引用:チョウタツ王

「チョウタツ王」は、ファクタリング業界初の一括見積査定サービスです。
事業経営者が資金調達に費やす時間や労力を軽減し、相見積もりによる好条件のお取り引きをご提供いたします。

「チョウタツ王」は、中小企業の法人、個人事業主が利用できる、無料のファクタリング一括見積査定となりますので、サービスご利用の際には一切料金が発生しません。

現在お手持ちの売掛金がいくらで売却ができるのか、一括見積査定が無料でご利用できますので、急な資金繰りに備えてこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

売掛金の売却査定を複数企業へ一括査定するための項目は以下の通りです。

「チョウタツ王」のおすすめポイント
  • 1.事業種別
  • 2.売掛先を選択
  • 3.売掛金入金日を選択

・売掛金売却は初めてなので、何から始めればいいかわからない。
・売掛金を売却したことがなく、どこに頼んでいいかわからない。
・自分で複数のファクタリング会社に査定を出すのが面倒だ。

こういった事業者にとっては、とても便利なサービスです。

ウィット

引用:株式会社ウィット

引用:ウィット

ウィットは500万以下の小口専門、非対面で資金調達ができるファクタリング業者です。電話一本で資金調達ができます。
最小で30万円、95%の買取実績があります。

審査開始から即日最短2時間で資金調達を実現!小口~大口まで幅広く対応可能で、他社で断られた方でもOKです。
契約手続きはネットで完結。スマホだけで、全国どこでもご利用可能です。

事務所にいながらスムーズに資金調達を行うことが可能なため、時間がない方にもおすすめです。

ネクストワン

引用:株式会社ネクストワン

引用:ネクストワン

「ネクストワン」は、1分程度の即日簡単査定で最短翌日の振り込みが可能なファクタリング業者です。

手数料が1.5%~と低予算の資金繰りが可能。建設業や運輸業、医療・福祉などさまざまな業種に対応しています。
ファクタリングの種類は2社間、3社間を選べるのもポイントです。

公式サイトに詳しいサービス利用の流れが紹介されています。気になる方はぜひ確認してみてください。

けんせつくん

引用:株式会社ウィット(けんせつくん)

引用:けんせつくん

「けんせつくん」は、建設業界専門のファクタリングサービスです。

建設業界出身のスタッフにより、建設業の事業者様に特化した独自のサービスをご提供いたします。

「発注時の注文書または入金待ちの請求書(売掛金)」をけんせつくんが買取し、運転資金に活用できます。
他業界に比べ、長い入金までの期間を短縮し、即日現金化することが可能です。

また、金融機関や他のファクタリング会社で敬遠されがちな、個人事業主の方や少額からのお申込み、発注時の注文書でもご利用可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらXでMONEY VOICEをフォロー