fbpx

イード—IKEMU JAPANと業務提携、100 種類以上のゲーム内でWEB広告を共同展開

マネーボイス 必読の記事

イード<6038>は29日、IKEMU JAPAN(本社:渋谷区)と、「アドバゲーム」サービスに関する業務提携を締結し、パズル、レーシングゲーム、アクションゲームなど100種類以上のゲーム内でのWEB広告を共同展開すると発表した。

アドバゲームとは、広告を目的として提供されるゲームである。WEB広告をゲームという形で提供することで、ユーザーに強いインプレッションを与え、ゲームを通じて、ユーザーと時間をかけて接触・コミュニケーションを図ることができ、高いエンゲージメント効果が期待できる。

IKEMU JAPANは2014年より国内でいち早くアドバゲームの制作コスト、時間を大幅に削減できるカスタマイズツールを開発し、プラットフォームとして提供している。

同社では企業や商品、サービスのブランドを最大限に引き出し、さらに高い宣伝効果を期待しアドバゲームを提供することで更に事業拡大を進めたい考え。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい