fbpx

【展望】週明け日経平均は反発の公算も、好材料を買いにくい「混沌相場」続く

売り買い勢力の力が拮抗しているうえ、買い判断、売り判断の基準がよく見えない現在の状態は、混沌、というしかない。株価の動きに連続性がないため、とらえどころがない。(『山の中の超相場観』)

※本記事は、『山の中の超相場観』2016年8月6日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

週明け反発の公算も本格買いは時期尚早、拙速は危険な雰囲気

一貫した買いは信託銀行のみ

先週の日経平均は売り買い交錯で方向感のない地合いだった。

直近1か月間の投資主体別売買動向にも明らかだけれども、売買比率1位と2位の海外投資家(以下、略称で外資と記述)と個人投資家が週ごとに買い越しと売り越し、交互に転換。そして外資と個人投資家のポジションは正反対。

一貫しているのは信託銀行で、7月第2週を除き一貫して買い越している。

買い勢力と売り勢力の力が拮抗しているためだろう、日経平均もこの1か月、上昇と下落を繰り返しており、方向感が見えない。同時に、買い銘柄と売り銘柄それぞれの基準や目安が把握しづらい。

「悪材料出尽くし」と「好材料織り込み済み」が交錯

2017年第一四半期と2017年3月期の業績予想が今週も上場各社から発表されたが、先々週に続き先週も、下方修正を発表しながら買われた銘柄も多かった。その一方で上方修正や株式分割を発表しながら材料視されずに大きく下落した銘柄も目についた(代表的な例がセプテーニHD<4293>)。

【関連】ソフトバンク孫社長のARM3.3兆円買収「高けーよハゲ!」批判は正当か?=八木翼

一言で表現するなら、業績悪で買われるものは「悪材料出尽くし買い」、好業績で売られるのは「好材料織り込み済み」ということになる。悪材料出尽くし買いのほとんどが長期下降トレンド銘柄だった。また好材料織り込み済みで売られた銘柄に多かったのが上昇トレンド銘柄だった。

もっとも長期で上昇トレンドだったからといって、好材料ですべてが売られたわけではない。ミロク情報サービス<9928>やベネフィット・ワン<2412>は、好業績の発表で窓を空けて急騰した(しかしベネフィット・ワンはその後、利食いに押されて急騰する前の株価より下落しているが)。

傾向としては、中型から小型株に長期上昇トレンド銘柄が多かったが、好材料発表とともに下落が目立つ(すべてではないが)。いっぽう、業績悪を発表後、急騰する銘柄に多いのは東証1部の外需セクターで電子や自動車など部品メーカー。長期下降トレンド銘柄に目立つ。部品メーカーだけではなく、それ以外のセクターにも悪材料出尽くし買いは見られる。外需だけではなく内需セクターにも出尽くし買いは見られた。下降トレンド銘柄が特徴だろう。バリュー株買い、いわゆるファンダメンタル的に割安度の高い銘柄が買われたところに特徴がある。

売り買い勢力の力が拮抗しているうえ、買い判断、売り判断の基準がよく見えない現在の状態は、混沌、というしかない。株価の動きに「連続性」がないため、とらえどころがない。好材料を買いにくい、悪材料を売りにくい、そしてどちらの場合でも、持ち越ししにくい。

海外材料にも素直に反応せず

さらに言うと海外材料に対する反応も一定でない。NY市場が下落して返ってきても必ずしも日経平均が下げるとは限らない。だから売りポジションも取りにくい。買いでだめなら、売ればいいという、押してもだめなら引いてみると結果が出るのが株式市場なのだけれど、それも通用しないということは結局、いかに今の地合いがポジションを取りにくいかを表している。

というわけで現在は、トレンド待ちの状態である。好材料がそのまま上昇要因に、また悪材料が下降要因になるタイミングを待ちたい。

Next: 週明け反発で始まりそうな日経平均、現在のテクニカル的な位置は?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー