fbpx

イノベーション—4Q決算は減収になるも、各利益は過去最高を達成

マネーボイス 必読の記事

イノベーション<3970>は15日、2017年3月通期(2016年4月-2017年3月期)決算を発表した。売上高が前年同期比3.6%減の12.57億円、営業利益が1.72億円、経常利益が1.95億円、当期純利益が同822.6%の1.21億円となった。営業利益、経常利益、当期純利益はそれぞれ過去最高を達成した。

法人営業の新しいスタイルを創造する事業に集中して拡大し、業績は順調に推移している。また、前事業年度に行ったリスティング広告代行サービスに続き、収益性の低いサービスの整理による収益性向上を実現。

新しい広告施策の展開や積極的なSEO対策等の結果、オンラインメディア事業の主力である「ITトレンド」及び、「BIZトレンド」においては、当事業年度の来訪者数が過去最高の実績となった。オンラインメディア事業の売上高、セグメント利益ともに増加となった。

セールスクラウド事業の主力製品である「List Finder」において、増員や展示会出展等の積極的な販売促進活動の結果、アカウント数が過去最高の実績となった。以上の結果、セールスクラウド事業の売上高、セグメント利益ともに増加となっている。

2018年3月通期の業績予想は、売上高が前期比17.3%増の14.75億円、営業利益が同14.5%増の1.97億円、経常利益が同1.5%増の1.98億円、当期利益が同7.4%増の1.30億円としている。成長に向けた投資を行いながらも、売上高・営業利益ともに増大させる計画である。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい