fbpx

【展望】長期上昇トレンド未だ崩れず、日経平均株価は買い戻し優勢か(7/2)=山の中

今週の日経平均は買い戻しが進むとの見方をしています。先週はじり高で木曜まで底堅い動きが続いていましたが、金曜はNY市場およびシカゴ先物日経平均が大幅安の悪影響を受け、大きく下押ししました。大引けにかけ戻して終値は2万円ラインを回復しましたが、週明け以降に不安を残しています。(『山の中の超相場観』)

※本記事は、『山の中の超相場観』2017年7月1日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

先行して原油に底打ちの兆し。どこまでも下げ続ける相場ではない

日経平均の下押しは限定的

木曜の欧米株式市場の大幅安は大いに気になるところです。ずっと続いたリスク選好の変化を先取りするものなのか。その可能性もないとは言い切れません。

米国に関しては、追加利上げとFRBのバランスシート縮小が進むことがすでに知られています。量的緩和政策から金融引き締め方向に今年ようやく本格着手して、まだ継続する姿勢です。最近の変化は、それに加えてEUがそろそろ利上げに入ると予想されています。その影響でドル円以上にユーロ円で円安が顕著です。日銀は金融緩和姿勢を継続させる意向なのですから、相対的に円の価値が低くなるのは当然です。

ドル円 週足(SBI証券提供)

ドル円 週足(SBI証券提供)

ユーロ円 週足(SBI証券提供)

ユーロ円 週足(SBI証券提供)

欧米のそのへんの金融政策の動きが、先週木曜の大幅下落に影響したことは間違いないでしょう。通貨高株安です。この動きが木曜のシカゴ先物日経平均をもポジション調整売りに巻き込んだと想像されます。

NYダウ 週足(SBI証券提供)

NYダウ 週足(SBI証券提供)

ドイツDAX 週足(SBI証券提供)

ドイツDAX 週足(SBI証券提供)

しかし冷静に今一度考えてみたほうがいいと思います。

つまり米国もEUもリスク選好相場が金融引き締め政策により、そろそろ終焉する思惑で売られたとしても、日本においては依然、金融緩和政策を維持しインフレ目標を掲げているのです。相対的に円の価値は米ドルやユーロに対し低くならざるを得ません。その流れの中で日経平均の下押しは限定的ではないでしょうか。

為替と株式市場は連鎖しやすいことが知られていますが、もし主要通貨に対して円安方向であるなら、欧米株安の影響は大して受けないのではという見方もできます。どちらかというと、その方向性ではないかと当塾では考えています。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

確かに東証1部の売買の6割以上を外資が行っている関係上、彼らがリスク回避のポジション調整売りを続けるなら日経平均への下押し圧力になるのは当然ですし、彼らのリスクマネーの主要構成である原油先物の価格が軟調な点もリスク許容度低下をもたらす懸念があるのは事実です。

WTI原油先物 週足(SBI証券提供)

WTI原油先物 週足(SBI証券提供)

けれども原油先物価格も底入れ兆候ですし、どこまでも下げ続ける心配はしていません。先週NY原油先物は週足陽線で反騰。1バレル45ドル割れから値頃感で買い戻されました。今週も買戻しが続くとしたら欧米の株式相場を買い支えると見ています。

Next: 日経平均株価テクニカル分析/長期上昇トレンドは継続中と見る

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい