KHネオケム—反発、中期成長力考慮なら割安として国内証券が買い推奨

KHネオケムは反発。いちよし証券ではレーティングを新規に「A」、フェアバリューを3800円としている。エアコン用冷媒の規制強化を背景に、コンプレッサーオイル原料事業の収益拡大が中長期的に持続するとみているほか、日系メーカーの皮膚用化粧品などのアジアでの需要拡大で、化粧品原料事業の収益拡大も期待できるとしている。中期成長力を考慮すれば、現状のPER水準は割安と判断しているようだ。