fbpx

カルナバイオサイエンス—CDC7キナーゼ阻害薬に係るオーストラリア特許の登録

マネーボイス 必読の記事

カルナバイオサイエンス<4572>は13日、同社がカナダのシエラ・オンコロジー社に導出したCDC7キナーゼ阻害薬(SRA-141)の特許出願に関して、オーストラリア連邦において特許が成立したと発表した。

DNAの複製を阻害する抗がん剤は、正常細胞も影響を受けるために強い副作用があるが、CDC7キナーゼの阻害は、がん細胞のみを細胞死に導くことが報告されているという。そこで、CDC7キナーゼ阻害薬は、これまで治療困難とされてきた多くのがんに対する治療に大きな貢献を果たすことが期待されているようだ。

同社は引き続き、知的財産戦略上において重要な特許取得に積極的に取り組んでいくという。


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい