fbpx

NF回路—一時ストップ高、東大が量子コンピューターで新手法開発との報道受け関連物色

マネーボイス 必読の記事

一時ストップ高で年初来高値更新。東京大学の古沢明教授と武田俊太郎助教が量子コンピューターを1つの回路で作れる手法を開発したと一部メディアで報じられており、同社や日本ラッド<4736>など量子コンピューター関連とされる銘柄の刺激材料になっているようだ。この報道によれば、新たな手法では回路を繰り返し使い、効率よく高速・大量の計算ができるという。計算を担う機器を小さくでき、コストの抑制などにつながるようだ。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい