fbpx

【展望】週後半から日経平均が短期調整入りなら新興市場に妙味あり(1/8)=山の中

今週は、前半までは強い地合いが続きそうですが、後半からの予想が難しいです。理由はVIX(恐怖)指数です。今のVIX指数は2016年8月、2014年6月と同じ低い水準にあります。(『山の中の超相場観』)

※本記事は、『山の中の超相場観』2017年1月7日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

今週の株価・為替展望~週前半は強そうだが後半の予測が難しい

投資家心理はホクホク状態

現在の世界の株式市場の状態を表すのがVIX指数です。S&P500を対象とするオプション取引のボラティリティを表すもので俗称、恐怖指数と呼ばれています。値が高いほど、投資家が現在相場に恐怖を感じ、低いほど恐怖から遠い、安心状態を表しています。

現在の水準は昨年8月、2014年6月と同じくらい恐怖から反対の、株式投資家にとりかなりホクホク状態です。

VIX指数はS&P500指数に関連したものですが、NY株式市場全般の過熱感を見る指標でもあります。この数値が年間で最も低い状態にあるということは、世界的にも現在、株式市場が活況であるだろうことを類推させます。

現に日本をはじめとしてドイツや英国などG7先進国や、それに続く新興工業国、Brics諸国やアルゼンチンなどの後進国の株式市場も強い動きです(ブラジル、インド、中国は押し目反騰)。

世界的に株式市場に資金が流入する状態で、強さの秘密は、ひとつには金回りがよくなってきたからです。ロシアの株価指数を見ると明らかですが、Bricsの中でもひときわ上昇率が高い状態です。

世界3位の産油大国(2014年)ですが原油先物価格が昨年末OPECでの減産合意以来、長期的な底入れを脱したと見られており、現在、安定して1バレル50ドル台を維持しています。名目GDPに占める原油輸出が13.6%と大きなシェアを占めるロシアで原油価格の底入れ傾向が株式市場に影響を与えていることがわかります。

もちろん原油先物価格の長期的底入れ傾向だけが株式市場への投資マネー流入の理由ではありません。最大の原因は昨年11月9日の米国大統領選で勝利した次期大統領、ドナルド・トランプがリーマンショックがきっかけでできた金融規制法、ドッド・フランク法を廃止するとしたことです。加えて大型減税インフラ投資を公約に掲げています。

従来米国政府が取り続けた小さな政府から180度転換し財政出動により強いアメリカを取り戻そうとする新政権への政策期待相場です。トランプ相場に乗り遅れてはなるまいと世界的に株式市場にマネーが流入しています。

昨年低迷していた商品先物市場ですら底入れ現象の銘柄が増えてきました。シカゴ小麦やNY金が底入れ兆候なので関連するETF銘柄をヘッジで買うのもひとつのアイデアでしょう。

世界的には上述したとおり余剰資金を投資に回す、いわゆるリスク選好相場なのですが、これが目先と長い目で、どのように展開していくかを以下、書きます。

今週の相場見通し

まず短期ですが今週前半までは強い地合いが続きそうです。ですが後半からは予想が難しいです。理由は冒頭ご紹介したVIX指数です。現在、2016年8月、2014年6月と同じ水準の低い位置です。この後、S&P500指数がどうなったかというと翌月、いったん反落しています。つまり調整に入ったわけです。NY市場は現在過熱感が高い状態で、直近、NY主要3指数の動きは絶好調です。NYダウなどは直近持ち合い圏をブレイク上伸傾向なので今週は強い動きになりそうです。

ポイントはその後です。次の動きで上値が重い天井圏の動きになったら、そこでいったん調整に入る可能性が高いと思われます。

6日のシカゴ先物日経平均は大証比185円高の19585円。金曜は反落したのでシカゴ先物に救われました。目先、持ち直すと思います。ただし東証1部25日騰落レシオや日経225PERにピークアウト後の下押し圧力が感じられますので早ければ今週後半にも調整に向かう動きが予想されます。NY市場の強い動きに助けられるなら、あと2週間ほどは強さを維持できるのかもしれません。

しかしそれ以降はNY市場にもいったん調整が入ると見ています。1月20日からトランプ政権がスタートしますので、それ以降はいったん出尽くし売りが入りやすいのではないでしょうか。となると影響を受けやすい日経平均も連鎖して調整が入るでしょう。騰落レシオは現在120P台ですが100P台まで調整するはずです。

もっともNY市場の調整は長期上昇トレンドを壊すほど大きなものにはならないでしょう。過去5年間のVIX指数とS&P500の動きを見る限り、VIX指数が年間最低水準でも上昇トレンドを維持できていますしテクニカル的調整が終了すれば新政権への政策期待から再び上昇トレンドを築いていくと思います。

Next: 日本株を大きく左右。なぜトランプはドル高を牽制しないのか?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい