ジャンカルロCFTC委員長、連邦監督機関創設提案=米上院証言【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



 米商品先物取引委員会(CFTC)のクリストファー・ジャンカルロ委員長は15日、CFTCを監督している米上院農業委員会で証言を行った。その中で、ビットコインなどの仮想通貨に関する新たな連邦監督機関の創設が正当化されると訴えた。現在のつぎはぎ的な規制にとってかわるべきだと主張。バーチャル通貨における整合性を確実にするため、合理化された連邦の骨組みが効果的だとした。

現在、多くのインターネットベースの仮想通貨取引プラットフォームは支払いサービスとして、地域の規制当局に登録しており、コモデティの規制当局であるCFTC、または、金融市場を監督しているSECの直接監督下にないことを問題視している。

最近のSECのクレイトン委員長との共同執筆で、デジタル時代に効果的であることを確かにしていくこの骨組みを支持するとしている。

ジャンカルロ委員長の発言は、G20でのデジタル通貨規制に関する協議を要請したフランスやドイツの規制当局の見解にも一致した。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい