fbpx

協和エクシオ<1951>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年2月21日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

協和エクシオ<1951>

3ヶ月後
予想株価
3,300円

電気通信設備工事の大手。売上高でコムシスHDに次ぐ業界第2位。NTT東日本・NTTドコモ向け工事が売上高の46%。既存の技術とサービスを融合させたシステムソリューションを育成中。18.3期3Qも業績好調。

着実な受注増と豊富な繰越工事高の消化で18.3期は2桁増益見込む。第4世代LTE-Aの普及本格化で移動体通信向け受注が好調。光コラボ拡大等で固定通信向けも持ち直しへ。19.3期業績続伸と株価上昇を予想。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/320,000/26,200/28,000/18,400/193.86/50.00
19.3期連/F予/335,000/28,500/30,500/20,000/210.71/54.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/02/21
執筆者:HH

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい