fbpx

コインベース、インサイダー疑惑含め2件の訴訟に直面【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



 今月に入り、主要仮想通貨取引所のコインベースに対し、2件の集団訴訟が起こされた。コインベースは昨年に行われたビットコインのハードフォークで、ビットコインキャツシュ(BCH)初公開時、公式発表前に従業員に情報を与えたとし、インサイダー取引の疑惑がもたれている。

時系列的には以下の流れとなっている。
・昨年7月に、コインベースはBCHを上場しない方針を発表
・BCHを取引したい顧客に対し、ビットコインを引き出すよう推奨
・8月に入り、方針を一変。BCH一部上場する方針を発表。
・11月、コインベースは同社の従業員にBCHの上場を伝える
・12月19日、コインベースによるBCH上場を正式発表
・12月20日に約110憶ドルのBCHがコインベースで取引される

情報を得ていなかった投資家は、BCHを冒頭価格で買わされたと、訴えている。さらに、コインベースは、顧客からイーメイルで送付された仮想通貨を数年も保有していたことに対し、訴訟が起こされている。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい