日経平均は続伸、先物主導で一気に週末モードに

マネーボイス 必読の記事



 日経平均は続伸。186.60円高の21554.67円(出来高概算10億2000万株)で前場の取引を終えた。注目されていたトランプ米大統領による関税計画の詳細発表では、カナダとメキシコへの関税適用を除外し、他の同盟国にも交渉余地を残すことが明らかとなった。既に報道されていたことではあるが、一先ず貿易戦争への警戒感が和らぐ格好に。シカゴ日経225先物清算値は大阪比265円高だったが、この流れを引き継ぐ格好から、日経平均は21500円を回復して始まった。さらに、北朝鮮の金正恩委員長はトランプ米大統領に早期の会談を要請し、トランプ大統領は5月までに会談すると応じたと報じられたことを受けて急動意をみせ、一時21884.45円まで上げ幅を拡大させる場面をみせている。ただ、その後先物主導で急速に上げ幅を縮める格好となり、値動きの荒さが目立っている。

 東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1200を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは建設、石油石炭、精密機器、機械、化学、水産農林、海運、食料品、保険が堅調。一方で、鉄鋼、パルプ紙、電力ガス、証券が小安い。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<9984>、東エレク<8035>、ダイキン<6367>がけん引。

 SQ値概算は21575.45円だったが、これを下回ってきている。日経平均は一時25日線を突破する局面もみられたが、その後急速に上げ幅を縮めてきており、一気に週末モードに入った格好であろう。米雇用統計の結果を見極めたいとする模様眺めムードが高まり易く、手掛けづらさが意識されてきそうである。また、プラス圏での推移とはいえ、11時以降の225先物は20分程度で高値から300円程度値を下げており、こういった値動きの荒さも手掛けづらくさせそうである。

 日経平均はSQ値レベルでのこう着となるようだと、中小型株についても次第に利益確定の流れに向かわせやすいだろう。物色対象に広がりがみられるというよりも、強い銘柄に短期筋の資金が集中する格好になりそうだ。
(村瀬智一)

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい