fbpx

G20、初めて仮想通貨の上昇するリスクに焦点、監督の必要性を訴える【フィスコ・ビットコインニュース】

マネーボイス 必読の記事



 アルゼンチン、ブエノスアイレスで19日から20日まで2日間にわたり開催されていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議の声明で、G20は初めて、仮想通貨の上昇するリスクに焦点をあて、監督の必要性を訴えた。

声明では、「仮想通貨はソブリン通貨としての特質に欠ける」とし、「仮想通貨は通貨ではなく資産だ」と言及。「仮想資産は金融安定に影響を与えた可能性がある」とした。

また、「仮想通貨は脱税、マネーロンダリングや他の問題を生む」「仮想資産は国際的な基準で設定された期間により監督を続ける」と加えた。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい