fbpx

米中貿易戦争で板挟みになる韓国経済、とばっちりで完全敗北へ

米中貿易戦争は韓国経済にどう影響するのだろうか。韓国の鉄鋼もトランプ関税の免除対象になったが、それにはある条件があった。結論を言うと韓国の完全敗北だ。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2018年4月1日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【不動産投資セミナー】本当に安定運用できるんですか?投資家×営業ウーマンがガチ対談-PR-

中国と一蓮托生の韓国経済。米国との2国間交渉でひとり負けに…

韓国もトランプ関税を免れたが…

今回は米中貿易戦争が韓国経済にどう影響するかを特集する。

先月、トランプ大統領が世界中の国に対して鉄鋼とアルミニウム関税を課すと宣言したことで、世界経済は大きく揺れた。最終的にはカナダやメキシコなどが免除対象になったが、その中には米国における鉄鋼輸入先3位の「韓国」も含まれていた。

しかし、韓国はただで免除してもらったわけではない。結果から述べると、これは韓国の完全敗北である。

「ひとり負け」状態の韓国

韓国が「鉄鋼関税」を免除してもらった条件は、次の通りである。

  1. 「数量規制」で輸出量を30%減にすること
  2. 米韓FTA再交渉における自動車関税で大幅に譲歩すること

(1)でわかる通り、これでは関税が免除されても、数量枠が規制されて輸出量が30%も減少したのでは、単純に考えて利益も30%減少する。

韓国の米鉄鋼輸出は3兆ウォン(3000億円)。これの30%減なので、最大で9000億ウォン(900億円)が削減されることになる。2015年~17年の韓国の米鉄鋼輸出は平均383万トンであり、これの70%に当たる268万トンが上限となるのだ。

この時点でも敗北決定だが、さらに(2)もある。同時期に交渉していた米韓FTAでは、韓国製ピックアップトラックの関税を維持するという条件だ。

もっとも、この韓国製ピックアップトラックは輸出すらされていない。つまり、韓国は免税のために米国と2国間交渉を行ってしまい、韓国不利な条件で再契約させられたわけだ。トランプ大統領はこの成果をすぐさま発表し、まさに韓国だけが「ひとり負け」となったのだ。

Next: 韓国と同じ轍は踏まない日本。米国との2国間交渉は回避で正解だった

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい