fbpx

「投資型の婚活」が有効? 低年収男と、高年収にこだわる女が一発逆転する方法=山本昌義

低年収で婚活がうまくいかない40代男性と、どうしても高年収の方と結婚したいという30代女性から相談を受けました。それぞれ、どんな戦略を取るべきでしょうか。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

正攻法では難しい…。いまがダメなら、将来の自分に賭けること

実例その1:低年収でも結婚できるのでしょうか?(男性・40代前半)

40代前半の独身男性から、自身の年収についての相談を受けました。「婚活が一向にうまくいきません。いつか結婚できるのでしょうか?」という内容です。

本人は派遣社員で年収300万円です。女性なら、この男性を選ぶでしょうか? ここだけ切り取ると、厳しいのは事実ですね。では、どうすればいいんでしょうね。

低年収男性の婚活方法についてお伝えしたいと思います。

「将来的に年収が上がりそう」と期待させること

さて、まずは基本ですが「転職も視野に入れて、希望のある男性になる」というのはいかがでしょうか?

残念ながら、確かに婚活においては、女性は男性に相応の年収を求めます。それだけに、年収が低いままでは確かに婚活も厳しいのは変わらない現実です。

ただ…ちょっと厳しい言い方になりますが、実は最近の婚活市場では少し事情が変化しています。年収が低い男性でも「可能性や姿勢」次第では相応の女性に選ばれることも増えてきました。

もちろん、ここでいう可能性や姿勢というのは「将来的には年収が上がりそう」です。

つまり、現在の婚活が厳しいままなのは、単純な低年収が問題なのではなく、それを上げる努力をしていないのが理由です。

もちろん、年収は簡単に上がるものでもなく、正社員になるのも簡単ではありません。この不況な日本では厳しい事実です。

ただ、だからといって諦めていては、やはり魅力的な男性とは思われません。この不況下にも耐えられるような力強い男性を目指し、努力しましょう。

どんな若い女性でも、いずれ老いる

さて、合わせて大事なことなのですが、「もう少し結婚を真剣に考える」のはいかがでしょうか?

お話を聞く限り、どうにも、できれば若い女性と…とお考えの様子。

お気持ちは分からなくもないですが、どうしても若い女性はモテますから、相応のものを男性に求めてきます。このため、このままではずっと婚活が厳しいままです。

そして、ご年齢から考えれば、もう結婚のチャンスは残りわずかです。

もし、このまま結婚できなければ、あなたの老後生活は大丈夫でしょうか。結婚しない人生もアリですが、その場合、老後の孤独や生活費の不足など、様々な困難が待ち受けます。

もちろん結婚したらしたで別の問題も起こるでしょうが、それでも、結婚は最高の老後対策です。

そして、どんな若い女性と結婚してもいずれ老いるわけですから、少しずつでも同年代の女性も狙いませんか?

結婚後の生活を十分にイメージしてみて、それに合う女性を選びましょう。

Next: 高年収へのこだわりを捨てられない女性はどうすれば…?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい