fbpx

三菱ケミカルホールディングス<4188>のフィスコ二期業績予想

マネーボイス 必読の記事



※この業績予想は2018年4月15日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

三菱ケミカルホールディングス<4188>

3ヶ月後
予想株価
1,150円

総合化学国内最大手。アクリル樹脂原料世界1位、炭素繊維世界3位、エチレン生産能力国内1位。直近10年で資産規模が約60%拡大。18.3期3Q累計では営業増益。ケミカルズと産業ガス拡大で通期計画を増額修正。

ナフサ高の影響が機能商品で顕在化。サウジアラビアのMMA合弁プラントは3月に営業運転開始。石化製品は需給バランス良好。LiB材料は拡大。国内薬価改定や米国特許切れを控えヘルスケアに警戒感。株価底入れか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/3,740,000/361,000/349,000/200,000/139.00/30.00
19.3期連/F予/3,850,000/378,000/368,000/208,000/155.50/30.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2018/04/15
執筆者:YT

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい