fbpx

東京為替:ドル・円は109円30銭台で推移、株安一服でドルはややしっかりとした値動きに

マネーボイス 必読の記事



5月1日午前の東京市場でドル・円は109円30銭台で推移。米国はEUなどの同盟国への関税適用除外を6月1日まで延期すると発表したこと、日経平均株価の下げ幅縮小を受けてリスク回避のドル売りは一服したようだ。米国は中国との貿易・通商に関する協議を5月3日から行うことを発表しており、市場参加者の間では米中貿易摩擦解消への期待感が広がっており、ドルを下支えしている。ここまでのドル・円は109円24銭から109円35銭で推移。
・ユーロ・円は、131円97銭から132円14銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.2075ドルから1.2084ドルで推移

■今後のポイント
・108円台後半に個人勢などのドル買い興味残る
・1ドル=110円-111円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

・NY原油先物(時間外取引):高値68.62ドル 安値68.46ドル 直近値68.55ドル

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい