fbpx

(中国)上海総合指数は売り先行もプラス圏回復、買い戻しが優勢

マネーボイス 必読の記事



29日の上海総合指数は売り先行。前日比0.17%安の3129.62ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時42分現在、0.12%高の3138.77ptで推移している。連日の下落で値ごろ感が強まり、買い戻しが優勢となっている。また、外資の流入期待なども引き続き支援材料。ただ、指数の上値は重い。今週31日に公表される5月の製造業PMIや、近く再開される米中通商協議の成り行きを見極めたいムードが強い。


記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい