fbpx

タカショー—急落、公募増資による希薄化をマイナス視する動きが先行

マネーボイス 必読の記事



タカショー<7590>は急落。7月9日付での東証1部指定承認を発表しているが、同時に公募増資を実施することも明らかにしており、株式価値の希薄化をマイナス視する動きが先行している。200万株の公募増資、並びに上限30万株のオーバーアロットメントによる売出を行う。発行済み株式数は最大で約19%増加する見込み。調達金額は約10.3億円、設備投資や投融資、借入金の返済などに充当する計画。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい